映画「バレンタインデー」の相関図とあらすじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


映画「バレンタインデー」の登場人物や相関図について紹介します。
バレンタインデーを迎えたロスを舞台に年齢・職業も異なる15人の恋愛模様が描かれたコメディチックなラブストーリーです。
日本のバレンタインデーは女性から男性にチョコをプレゼントし、愛を告白するイベントですが、アメリカでは男性から女性に愛を伝える日で花束やプレゼントを贈るのが一般的です。

なので、恋人のみならず友人や家族に感謝をこめて祝う日というわけです。
カップルで観てもありですが、「何がバレンタインじゃい!!」というバレンタインアンチの方にも観てほしい作品です。

関連記事
映画「バレンタインデー」を無料で観る方法

スポンサーリンク


映画「バレンタインデー」のあらすじ

2月14日、バレンタインで盛り上がるロサンゼルス。
15人の男女の恋愛模様を1日の時間経過とともに様々な角度で見ていく形式です。

  1. リード&モーリー
  2. 花屋の青年リードは、同棲中の恋人モーリーに朝一番にプロポーズする。彼女は笑顔で指輪を受け取ったのだが……。

  3. ハリソン&ジュリア
  4. リードの親友の小学校教師ジュリアは、恋人の医師ハリソンがサンフランシスコに出張でご機嫌斜め。
    リードのアドバイスでリードのアドバイスでハンソンを追いかけようとするが・・・?

  5. ジェイソン&リズ
  6. 同じ会社の郵便係のジェイソンと秘書のリズ。
    バレンタインのディナーを約束する二人だったが、彼女には秘密があった。

  7. エドガー&エスエル
  8. エドガーとエステルは、50年以上仲睦まじく連れ添ってきた老夫婦。
    この日に、妻は夫に重大な告白をする。

  9. ホールデン&ケイト
  10. 飛行機で偶然隣り合ったホールデンと女性将校ケイト。
    会話を重ねるうちに意気投合するが・・・?

  11. カーラ&ケルビン
  12. 有名アメフト選手のパブリシストのカーラとスポーツキャスターのケルビンは、お互いにバレンタインが大嫌い。
    カーラに取材で近づいたケルビンは、彼女がバレンタインが嫌いな理由を知ると…?

他にも初体験を計画する高校生カップルや母親と離れて久しい少年など、甘く切ないバレンタインデーの群像劇が繰り広げられていきます。
最後まで紹介するとネタバレになるので、ここまでにします。

スポンサーリンク


映画「バレンタインデー」相関図とキャスト

バレンタインデーでは15人の登場人物が登場する群像劇のため、整理できてないと混乱するかもしれません。
下に相関図を載せておきました。
これを観ながら映画を観るとわかりやすくなるはず。

キャスト

登場人物名 職業 俳優(女優)
モーリー・クラークソン リードの恋人 ジェシカ・アルバ
スーザン・モラレス テレビ局スタッフ キャシー・ベイツ
カーラ・モナハン ショーンのパブリスト ジェシカ・ビール
ホールデン・ウィルソン 飛行機の乗客 ブラッドリー・クーパー
ショーン・ジャクソン NFL選手 エリック・デイン
ハリソン・コープランド 医者 パトリック・デンプシー
エドガー・パディントン エステルの夫 ヘクター・エリゾンド
ケルヴィン・ムーア スポーツキャスター ジェイミー・フォックス
ジュリア・フィッツパトリック 小学校教師 ジェニファー・ガーナー
ジェイソン・モリス 郵便係 トファー・グレイス
リズ・カラン 秘書 アン・ハサウェイ
アレックス・フランクリン 高校生 カーター・ジェンキンス
リード・ベネット 花屋の店員 アシュトン・カッチャー
ポーラ・トーマス リズの上司 クィーン・ラティファ
ウィリー・ハリントン 高校生 テイラー・ロートナー
アルフォンソ・ロドリゲス 花屋のオーナー ジョージ・ロペス
エステル・パディントン エドガーの妻 シャーリー・マクレーン
グレース・スマート 高校生/エディソンの子守 エマ・ロバーツ
ケイト・ヘイゼルタイン 飛行機の乗客/軍人 ジュリア・ロバーツ
エディソン 小学生 ブライス・ロビンソン
フェリシア・ミラー 高校生 テイラー・スウィフト

まとめ

アメリカでのバレンタインデーは、友人や家族にプレゼントし感謝を伝える日でもあるため、当日は花屋が大忙し。
映画ではロサンゼルスの花屋「シエナブーケ」を中心に物語が展開していきます。
子どもから老夫婦まで様々な世代がいるため、共感できる登場人物も見つかるでしょう。

美男美女の人気スターがそろい踏みなので、演技を楽しむだけでなく目の保養にもなりますよ。

今回はここまでにします。
ありがとうございました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。