【たけしの家庭の医学】中性脂肪に効く野菜「菊芋」|2月6日|テレ朝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日放送の「たけしの家庭の医学」で中性脂肪に効く野菜について特集されます。
この野菜とは菊芋です。
なぜ、菊芋の調理法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク


菊芋とは?


菊芋とはキク科の植物で、名前の通り菊に似た花をつけ、イモができるため名づけられました。
主な成分はイヌリンを含む食物繊維で、生の菊芋には13~20%のイヌリンが含まれます。
通所のイモ類と異なり、デンプンはほとんど含まれません。

そのため、カロリーが低くダイエット食品として活用されています。
(具体的にはジャガイモの半分以下のカロリー)
菊芋には沢山のカリウムが含まれています。
カリウムはナトリウムを排泄する役割があり、高血圧に効果があるほか、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。

スポンサーリンク


調理法

菊芋は生食も可能なイモで、クセがなくシャキシャキとした食感が楽しめます。
もちろん加熱調理してもおいしい食材です。

  • サラダ・和え物
  • 皮は薄いので、コブの部分や土が残っている部分を取り除けばOK。
    スライスや細切りにしたものをサラダや和え物にして食べます。

  • 炒め物・焼き物
  • スライスしたものを炒め物にしてもよし、オーブンでバター焼きにしてもよし。

  • 煮物・汁物
  • 煮物や味噌汁の具にもなります。
    変わったところではポタージュにしてもいけます。

  • 揚げ物
  • ジャガイモと同じように揚げ物にも適しています。
    丸のまま揚げるか、スライスしてから揚げるかはお好みで。

スポンサーリンク


菊芋の購入方法

近くのスーパーに菊芋が売ってあればいいですが、ない場合は通販を活用しましょう。

詳細はこちら(アマゾン)⇒秋田県産生菊芋3kg (土付き)


詳細はこちら(楽天)⇒【送料無料】長崎県産天然生菊芋(天然のインスリン)とも呼ばれるスーパーフード、各メディアで取り上げられTBS系「駆け込みドクター」や「鉄腕DASH」で放送後、大反響!安心安全の九州長崎県産生菊芋が食べられるのは今だけ、腸内フローラ整える!/イヌリン/糖尿病

菊芋を毎日食べるのは大変だという人は菊芋茶がオススメ。
菊芋茶でもイヌリンを摂取できるほか、腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれる効果があるので、便秘解消に効果があります。
注意点として、飲みすぎると胃の調子が悪くなったり、お腹が張るといったことがあるので気を付けましょう。

詳細はこちら(アマゾン)⇒国産の手作り 菊芋茶 2g×40包


詳細はこちら(楽天)⇒国産 菊芋茶 2g×40包【菊芋茶/菊芋のお茶/菊芋茶 国産/菊芋/菊芋茶 無農薬/菊芋茶 送料無料/キクイモ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。