【消えた天才】若乃花と吉田秀彦が勝てなかった秦光秀|1月3日|TBS

元横綱の若乃花と柔道の金メダリストの吉田秀彦が一度も勝てなかった神童が今日放送の「消えた天才」に出演します。
相撲と柔道で頂点に立った2人が一度も勝てなかった相手とは誰なのでしょうか?
気になったので調べてみました。

神童の名前は秦光秀

若乃花は「わんぱく相撲を始めてからの目標」と秦を評しており、わずか3秒、突っ張り3発で秦に敗れています。
秦は小学4年から6年にかけて、相撲の全国大会3連覇と無敵だったそうです。
そして2人はともに明大中野中学に進学しますが、秦は相撲部には入らず柔道部に入部しました。

秦光秀は柔道でもさまざまな中学校からスカウトが来るほどの逸材だったそうです。
吉田は当時、「めちゃくちゃ強い。こんなやつに勝てるわけがない」と感じていたようです。
秦光秀は柔道でも中学の全国大会優勝を果たし、高校時代にはのちのオリンピック金メダリスト候補と呼ばれるまでに成長しました。

初めての挫折

秦光秀は19歳のとき、人生最大の悲劇に見舞われ、柔道を辞めてしまいます。
その後、別の世界への転身を試みるも、スター街道を歩き続けてきたプライドが邪魔をしてうだつが上がらずに失敗しています。

秦光秀の現在

秦光秀は現在、松山 三四六という名前でものまねタレントやラジオパーソナリティとして活動しています。
他に長野大学社会福祉学部客員准教授として教鞭をとるなどマルチに活躍中です。

まとめ

・若乃花と吉田秀彦が勝てなかった神童は秦光秀
・挫折したときに若乃花の謙虚な姿勢に感銘を受け、再起する
・現在はタレントやラジオパーソナリティ、准教授などマルチに活躍

【消えた天才】福原愛に勝った天才、宇土弘恵|1月3日|TBS

今日放送の「消えた天才」で高校時代の福原愛に勝った天才同級生が登場します。
気になったので、調べてみました。

福原愛に勝ったのは宇土弘恵

福原愛さんの高校最後の大会(インターハイ)で同学年で初めて破ったU選手は宇土弘恵さんという方です。
当時絶頂期を迎えていた天才、福原愛を撃破しインターハイ王者となった宇土弘恵さん。

福原愛選手は青森山田高校時代も当然連戦連勝で、高校最後の大会インターハイでもぶっちぎりの大本命でした。
そこにまったをかけたのが宇土弘恵さんです。
冷静かつ強気にゲームを支配し、終わってみればセットカウント4-0の圧勝。

大波乱を巻き起こし、福原愛選手に
「宇土さんに負けたことをバネに、また頑張りたい。宇土さんは本当に強い」
と言わしめました。

当の宇土弘恵さんはインタビューで
「過去に3回対戦して、競り負けていた。今回は彼女とあたった時のことを考えて、1ヶ月前から作戦を立て準備をした」
と語っています。
徹底的にメタを張らないと勝てないと思わせる時点で福原愛のすごさが分かりますよね。

ちなみに宇土弘恵さんはこの大会
インターハイのダブルスの部でも
準優勝に輝いています。
ちなみにダブルス王者は福原愛ペア。
この敗戦が大金星に繋がったのは間違いないでしょう。

宇土弘恵プロフィールとその後


生年:1988年(29歳/福原選手と同級生のため)
学歴:就実高校(岡山)→立命館大学

宇土弘恵さんは就実高校卒業後、京都の名門立命館大学に入学し、2011年に卒業。
2011年に大阪で介護施設を展開する藤ミレニアムに入社し、実業団の卓球選手として活躍します。

現在は卓球三昧池袋店という卓球教室で副店長をされていらっしゃいます。
ジュニア卓球選手へのコーチや
たまに大会にも出場されているみたいです。

まとめ

・宇土弘恵は徹底的に対策して福原愛に勝った
・現在は卓球の指導者をやっている

初日の出のおすすめスポット(東海編)

間もなく2018年がスタート。
今年こそ早起きして、初日の出を拝みたい!という人も多いと思います。
そして、どうせ早起きして初日の出を見るならいい場所で見たいですよね。

今回は東海地方のオススメ初日の出スポットをまとめてみました。
時間やイベント内容を事前にチェックして2018年を楽しく迎えましょう!

続きを読む

【マツコの知らない世界】甲斐みのりってどんな人?|11月21日|TBS


今、パン好きの間でブームになっている地元パンですが、その火付け役になった人がいます。
それが今日放送の「マツコの知らない世界」に出演する甲斐みのりさんです。

続きを読む